サービス案内

コスモグループが行なっているサービスをご案内いたします。

住めるサービス

1.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

要介護認定で要介護1以上と判定された方で、身体上又は精神上の著しい障害があるため、常時介護を必要とし、かつ在宅生活が困難な高齢者に対し、入浴・排せつ・食事等の日常生活の支援、機能維持、健康管理、療養上の援助を行うことを目的とした施設です。介護保険法上は、指定介護老人福祉施設とよばれております。

提供している施設

2.サービス付き高齢者向け住宅(※)

サービス付き高齢者向け住宅とは、日常生活や介護に不安を抱く高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、居室の広さや設備、バリアフリー構造に関して明確な基準を設けて義務付けた高齢者向けの居住施設です。施設には介護福祉士やヘルパーが常駐しており、安否確認と生活相談のサービスが必ず提供されます。このような安心できる見守りサービスのおかげで、高齢者が安心して暮らすことができるように配備されています。

提供している施設

泊まれるサービス

1.短期入所生活介護(ショートステイ)

要介護・要支援認定となった場合でも、ご利用者様ひとり一人がご自宅や住み慣れた地域で可能な限り生活が送れるよう、日常生活全般に関わる介護やお手伝い をさせていただき、ご本人様にも残存機能を活用して頂くことにより、心身機能の維持並びにそのご家族の介護疲れ等の軽減や精神的な負担を少しでも減らすこ とを目的とさせていただいております。

提供している施設

 2.お泊りサポートサービス(介護保険外サービス)

お泊りデイサービスとは、昼間の通所介護(デイサービス)を利用しながら、そのまま夜間も引き続き、お泊りできるサービスです。介護保険対象外で自費利用ではありますが、家族に急用ができて外出するとき、夜間ひとりで不安な方におすすめです。

提供している施設

日帰りサービス

1.通所介護(デイサービス)

要介護者、要支援者が老人デイサービス事業を行う施設またはデイサービスセンターに通い、入浴・排泄・食事などの介護、生活などについての相談・助言、健康状態の確認、その他の必要な日常生活上の世話や機能訓練を受ける日帰りのサービスです。また、デイサービス内での活動を通して、ご利用される方にとっての楽しみや生きがいを見つけていただくサポートをしていく場所です。要介護認定にて、要支援1以上と認定を受けた方がご利用できます。

提供している施設

ご自宅で受けられるサービス

1.訪問介護

訪問介護とは、介護福祉士などが、要介護者の自宅を訪問して、入浴、排泄、食事などの介護、調理、選択、掃除などの家事、生活などに関する相談・助言、その他の必要な日常生活上の世話をするものです。

訪問介護は、身体の介護に関する身体介護と、家事の援助を行なう生活援助に大別されます。

◎身体介護(身体の介護に関する部分)
  • 食事、排泄、入浴の介助
  • 身体の清拭・洗髪・整容
  • 衣類着脱の介助
  • 移乗・移動介助
  • 就寝・起床介助
  • 体位変換
  • 通院・外出の介助
  • 自立支援のための見守り援助
  • 嚥下困難者のための流動食、糖尿食など特段の専門的配慮をもって行う調理
◎生活援助(家事の援助に関する部分)
  • 一般的な調理・配下膳
  • 衣類の洗濯・補修
  • 住居の掃除、整理整頓
  • 買い物
  • 薬の受け取り
  • ベッドメイク
提供している施設

2.訪問看護

療養生活を送っている方が、住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく生活を送れるように、看護師などがお住まいへ訪問して、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、お住まいで最期まで暮らせるように多職種と協同しながら療養生活を支援します。訪問看護では、主治医と連絡をとり、心身の状態に応じて次のようなケアを行います。

◎健康状態の観察と助言
  • 健康のチェックと助言(血圧・体温・呼吸・脈拍)
  • 病状の観察と助言
◎日常生活の看護
  • 清潔、食生活、排泄のケア
  • 寝たきり予防のためのケア
◎在宅リハビリテーション看護
  • 体位交換、関節等の運動や動かし方の指導
  • 日常生活動作の訓練(食事・排泄・移動等)
◎精神・心理的な看護
  • 不安定の精神・心理状態のケア
  • 生活リズムの調整
◎介護者の相談
  • 介護者の健康管理、日常生活に関する相談
◎終末期の看護
  • 痛みのコントロール
  • 療養生活の援助、療養環境の調整
提供している施設

3.定期巡回・随時対応型訪問介護看護

介護が必要になっても、住み慣れた家庭でできる限り生活ができるよう平成24年度からスタートした24時間対応の介護保険サービスです。定期的な巡回又は随時通報により、入浴・排せつ・食事等の介護や日常生活上の緊急時の対応などを行うサービスで、オペレーターが24時間対応し、緊急の際の通報を受け、必要に応じて介護・看護スタッフが訪問致します。また、緊急時以外に24時間複数回の定期訪問を行い隙間の介護や随時対応を行います。このサービスにより、施設での介護を必要とされていた方がご自宅で同じように介護サービスを受けることが可能になりました。料金は要介護度別の月額定額制になります。

提供している施設

支援相談サービス

1.居宅介護支援事業(ケアプラン作成)

◎介護支援専門員(ケアマネジャー)とは?

ケアマネジャーは、ケアマネ(CM)と呼ばれる事も多いので聞いた事があると思いますが、一口で言うと介護のサポーター(相談窓口)です。介護保険で要支援・要介護になった人が、適切なサービスを受ける事ができるように、介護サービス計画を作る専門職の事です。訪問介護(ヘルパー)やデイサービスなどの利用の相談を行って、業者さんの紹介や手配、申し込み手続きなども行ってくれる人です。介護サービスが必要になった時の相談を行って、ご利用者様に適したサービスの紹介、医療との連携、費用計算など、色々な面でサポートしてくれます。

◎居宅介護支援事業所とは?

居宅介護支援事業所とは、県の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)がいる事業所です。介護サービスを受ける為に必要な「要介護認定」の申請代行や居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となります。

◎居宅介護支援サービス(ケアプラン作成)とは?

介護が必要となり、介護保険のさまざまなサービスを利用する為にはサービス計画書(ケアプラン)の作成が必要になります。ご利用者様の状態やご家族様の要望をお伺いし、一人一人に合ったサービス計画書(ケアプラン)を作成します。自宅での生活を続ける為のサポート、その他の介護に関する専門的な相談に応じます。それが居宅介護支援サービスです。

提供している施設